スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/26 (Fri)

ショパン ピアノソナタ 第3番 ロ短調 

今夜はショパンのピアノソナタ第3番ロ短調を聞きました。あまりショパンのピアノ独奏曲は頻繁に取り出すことはありませんが、とても好きなこの曲もひさしぶりに聞くような気がします(汗)。

有名な「葬送行進曲」がある第2番のソナタはいかにもショパンらしい作品と思うのですが、第3番はショパンにしては造形的というか構成に力点が置かれているように思います。もちろん演奏によってそのあたりの匙加減は変えることができるでしょうけれども。

私のお気に入りの演奏はなんといってもポリーニです。1984年の収録であり、ポリーニの打鍵にも潤いが感じられます。1970年代に録音した練習曲、前奏曲、ポロネーズはあまりに息苦しく思えてしまうほどでしたから…聞き手に逃げ場を与えないような(笑)。





Ivo Pogorelich Plays Chopin Sonata No. 3/Op. 58 4th mvt.
これはポゴレリッチが1983年に来日した際の演奏から最終楽章です。
スポンサーサイト
22:30  |  ピアノ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。