スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/19 (Fri)

ハイドン 弦楽四重奏曲 第25番~第30番 

3週間ほど中断していたハイドンの弦楽四重奏曲鑑賞を続けます。今夜は作品17、前回の作品9と同時期に作曲されています。

ハイドンの弦楽四重奏曲にあって作品17は最も馴染みが薄い曲集となりますが、それはタートライ・カルテットの全集を入手するまで単品を聞いたことがなかったからでしょう。

今回あらためて聞いて、作品9よりさらに踏み込んだ書法になっていると思えました。それは緩除楽章に顕著である気がします。作品17-1の第3楽章など、丁寧に物憂げ感を織り成しているようでした。

これで弦楽四重奏というジャンルでハイドンのウォームアップは完了しました。翌1972年には作品20という傑作が産まれることになります。





Haydn, String Quartet in c minor, Op. 17, No. 4, I. Moderato
今夜はエンジェルス・ストリング・カルテットの演奏を聞きましたが、動画サイトにはタートライ・カルテットによる第28番ハ短調の演奏がありました。
スポンサーサイト
23:20  |  弦楽四重奏曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。