スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/11 (Thu)

ベートーヴェン 交響曲第7番~第9番 

ベートーヴェン交響曲の連続鑑賞、最後の第7番から第9番を聞きました。ダニエル・バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場管弦楽団による録音です。

第1番から第6番までは予想を裏切って(?)オーソドックスな演奏を聞かせてくれましたが、第7番を聞いてまたまたビックリ。あまりにドラマティックなので、「ライヴ録音?」と録音データを確認してしまいました(笑)。たぶんスタジオ録音です。正直に言うと、ここ最近この曲には食傷気味だったのですが、ひさしぶりに感動する演奏に出会うことができました。

第8番も生命力が溢れんばかり。ところが、第1楽章の一部にバレンボイムらしい弦楽器のベタ弾き(?)を聞くことができて、いつもなら「ん…」となるところが、今回はかえって安心してしまいました。やっぱりバレンボイムの演奏だって(笑)。曲が進むにつれての高揚感も第7番に似ていますね。

第9番は第2楽章に恣意的な指揮ぶりが感じられましたが、全体としては旧録音よりもはるかに「何をやりたいか」が明瞭と思えました。非常に個人的な感想(妄想?)ですが、第3楽章に「古典派の終焉→浪漫派へ」をこれほど明確に示した演奏もないと思います。ただ、この第9番、他の8曲の完成度に比べると…(汗)。

その第9番以外に、バレンボイムは第7番をこれより以前に録音しています。それは決して悪くはないのですが、いくら3,000円程度とはいえ全集を購入することは躊躇っていました。しかし、期待をはるかに上回る名演!「お買い得」云々というより、私にとってしばらくの間はベートーヴェンの交響曲はこれだけあれば充分満足できそうです。





BEETHOVEN, L. van: Symphony No. 9, "Choral" / Leonore Overture No. 3 (Barenboim)
これはバレンボイムがウエスト・イースタン・ディヴィアン管弦楽団(イスラエルとアラブ諸国という政治的に対立する国々のメンバーで構成されています)を指揮したDVDの一部です。「レオノーレ」序曲第3番と第9交響曲の一部を観ることができますが、これは良さそうです!全部聞いてみたいですね… ついさっき、「しばらくはこれだけあれば」と言ったのに(笑)。
スポンサーサイト
20:40  |  オーケストラ曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

第九はいいですね~!!
本当に好きです!!どの楽章も好きなんですよ~
交響曲で、どの楽章も大好き!というのは、第九とショス5くらいなんですよね~

部長がマニアックなパートを弾いても「それショス5!?」と食いついて「よく分かったね」と驚かれます(笑

ps
パスピエちゃんはどんな演奏をするのだろうか…笑
重奏が楽しみ(爆
ノリコ |  2010.02.12(金) 23:55 | URL |  【編集】

●交響曲

ノリコさん、出発前のお忙しい時にご訪問していただき有り難うございます(^-^)/

第九はホントに素晴らしい曲ですよね!
交響曲ならば、あと私はシューマンの第4番がとても好きです♪

ところで、先々週パスピエちゃんは、「それできょう、指揮したかもー」と言っていました。
http://stringquartets.blog101.fc2.com/blog-entry-83.html
たぶん、指揮者への道があまりに厳しいので、何とか演奏者として誤魔化そうとしているのだと思います?!(爆)
遊歩道 |  2010.02.13(土) 20:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。