スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/06 (Sat)

ベートーヴェン 交響曲第4番~第6番 

バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場管弦楽団によるベートーヴェン、交響曲第4番から第6番までを聞きました。

ビックリです。こんなに良いとは思いませんでした。入手する前から勝手なイメージで、第4番と第6番「田園」は鬼門になるのではないかと思っていたのですが、大変失礼いたしました!

第3番までとそれ以降のバレンボイムの指揮にも違いが感じられます。徐々に自らのメッセージを随所に盛り込んでいますね。第1番と第2番ではティンパニィに閃きが感じられ如何にも古典的な趣でしたが、第4番でのコントラバスの扱いなどにベートーヴェンの作曲技法の進化を見たような気がします。

第5番は厭味となる寸前でとどまった熱演でした。第6番はバレンボイムが私淑するフルトヴェングラーや一部の指揮者のようにこってり浪漫的に演奏するのか危惧していましたが、そんなことはありませんでした。決して快速の演奏ではなくゆったりしていますが、それはテンポの問題ではなく、バレンボイムとオーケストラが醸し出す"情感"にあると思います。

ますます第7番以降も楽しみになってきました。

なお、「田園」の余白には「レオノーレ」序曲第3番と「フィデリオ」序曲が収録されています。やはり、これは「フィデリオ」全曲に収められているものと同じですね。

…ということは、わずか2ヶ月間の間に、ベートーヴェンの交響曲全曲と歌劇「フィデリオ」を収録したのですね。この完成度には驚くしかありません。バレンボイムって超人的な天才だったのですね・・・。





Beethoven Symphony No.5 - 1st Mov, Barenboim
動画サイトにはバレンボイム&ベルリンフィルによる「運命」第1楽章がありました。これも悪くはないのですが…。今回聞いたCDはもっと"視点"がしっかり定まっており、はるかに良かったです。
スポンサーサイト
15:10  |  オーケストラ曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●とうとう・・

遊歩道さま

こんばんは。

バレンボイムのベートーヴェン全集、手に入れたのですね。おめでとうございます(笑)

お気に入りとなったようで何よりです。

私も当分とのコンビを中心に聴いでいきます。
ニョッキ |  2010.02.08(月) 22:21 | URL |  【編集】

●有り難うございます☆

ニョッキさん、こんばんは。

ニョッキさんのご推薦をいただかなければ、まだ暫くはこの録音に触手を伸ばすことはなかったと思います。素晴らしい演奏をご紹介いただき、とても感謝しています。

さて、ここ数日ほど慌ただしくなっていますが、明日が終われば落ち着くことができそうです。第7番以降の鑑賞もとても楽しみですo(^-^)o
遊歩道 |  2010.02.09(火) 21:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。