スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/24 (Sun)

モーツァルト ピアノ協奏曲第10番 ルプー&プレヴィン 

今夜はモーツァルトのピアノ協奏曲第10番です。

モーツァルトの作品をジャンルで考えた場合、オーケストラを伴う作品では協奏曲に名作(私の好きな作品)が多いように思います。数からいえば、ピアノ協奏曲が圧倒的に多いですね。

第10番は独奏ピアノが2台となりますが、その独奏の掛け合いは絶妙と思います。私は第16番以前の協奏曲を聞く頻度が低いのですが(汗)、この第10番は例外です。

今夜はラドゥ・ルプー、アンドレ・プレヴィンの独奏で聞きました。繊細にして打鍵にむらが無いピアノ、かっちりとしたロンドン交響楽団の演奏はとても素敵です(๑◠‿◠๑)



ジャケットを掲載したかったのですが、Amazonにはありませんでした(涙)。


Keith Jarrett & Chick Corea Plays MOZART(K.365:3.Allegro)
第3楽章です。私はジャズには疎いのですが、それでも名前を知っているくらいのキース・ジャレットとチック・コリアの協演です。
スポンサーサイト
20:55  |  ピアノ  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●第10番とは2台のピアノでしたか

こんにちは。10番とは?・・・とすぐに思い当たらなかったのですが、2台のピアノでしたか。変ホ長調 K.365ですね。
私はアシュケナージとバレンボイムの盤(LP)で、3台のピアノのための協奏曲とカップリングです。
どちらも随分長い間聴いていませんでした。
一度また聴いてみます。
crest |  2010.01.25(月) 18:10 | URL |  【編集】

●アシュケナージ&バレンボイム

そうです!変ホ長調、K.365です。記載を忘れました(汗)。
crestさんがお持ちのアシュケナージ&バレンボイム盤は未聴ですが、実は最近「聞いてみたいな~」と思っていた録音です。
お聞きになられましたらば、ぜひcrestさんのご感想をお聞かせください(^-^)/
遊歩道 |  2010.01.25(月) 21:25 | URL |  【編集】

拙ブログを見返すと、2006年9月にアップした記事があったので、コピーします。
ブレンデルの盤(マリナー指揮)との比較も書いていますが、アシュケナージとバレンボイムの方がモーツアルトらしいと(^。^)。

モーツアルトには2台のピアノ、3台のピアノのための協奏曲が

一曲づつある。それが表裏に入ったLPレコードがあるので、

それを取り出す。 

先ずは2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調 K.365を聴く。

恐らく30年くらいは聴いていないかも知れないが、音が鳴り出すと

オーケストラの序奏の後に 2台のピアノがトレモロで入る独特の

にぎやかな響きや、第1主題の旋律など 案外思い出せるものだ。

主題提示部の中程、第2主題の初めなのか、ホルンの音が美しい。

展開部で、主題が短調で表現されるモーツアルト独特の陰りが

たまらなくいいですね。

第2楽章は少し沈潜ムードだが、そこに流れる詩情が美しい。

中程のオーボエの長い持続音が悲哀の情を強める。

第3楽章  一転して明るい楽想のロンド。 ここでもオーボエの持続

音の処理が目立っている。

どの楽章もいかにもモーツアルトらしいものだが、とりわけこの楽章で

その感が強い。

この演奏はアシュケナージとバレンボイム(指揮を兼ねる)/

                      イギリス室内管弦楽団
crest |  2010.01.27(水) 19:41 | URL |  【編集】

●有り難うございます!

crestさんのご感想を拝読し、ますますこの録音を聞いてみたいという思いが強くなりました(^-^)/

さらに、アシュケナージの弾き振りによる全集でありながら、K.242と365に限ってはバレンボイムの指揮ということも興味をそそられました。
バレンボイムは2回にわたってモーツァルトのピアノ協奏曲を弾き振りで"ほぼ"全曲録音していますが、私の知る限り、この2曲でバレンボイムが指揮も兼ねたものとなるとアシュケナージ盤のみとなるようです。

また、イギリス室内管がバレンボイム寄りのサウンドとなっているのか、アシュケナージ寄りとなっているのかも興味津々です。
遊歩道 |  2010.01.27(水) 23:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。