スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.12/10 (Thu)

シューマン 弦楽四重奏曲 弦楽合奏版 

さすがに昨日は意識しました。「ジュピター」を聞いて以来、オーストリーとドイツの作曲家に集中していますね。でも、所謂ドイツ3大Bが並んだことに気づいたのはエントリー後でした(≧∇≦)

今夜もその流れでシューマンにしました。シューマンの弦楽四重奏曲は、ピアノ曲やリートはもちろんのこと、交響曲に比べても人気が高くないような気がします。ほのかなロマンと曖昧な(?)明暗の対比、そして焦燥の交錯はとてもシューマンらしく、第2交響曲と共通するものがあるのではないでしょうか。

3曲の弦楽四重奏曲は一気に書かれており、作品番号も41で統一されています。その中では、どうも第2弦楽四重奏曲の評価がイマイチのようです。第1番から第3番まで続けて聞くと、全く聞き劣りがしないのですけれども…。

今夜聞いたCDにもその第2番が収められていないのですが、今回はお気に入りの演奏なので特別です(^-^)
弦楽四重奏曲を合奏に編曲したものって、ピリッとせずに違和感が先走ってしまうことが多いのですが、これは別格ではないでしょうか。

シューマン特有の色彩感が、弦楽四重奏曲を合奏にすることによって生じる厚みと浪漫に合っているのだと思います。





Schumann - String Quartet Op. 41 "Scherzo"
第1番の第2楽章です。まさに浪漫と焦燥が交錯するような趣と思います。そのような典型例として、第3番の第4楽章を探したのですが、動画サイトに見あたりませんでした。検索の仕方が悪いのかな…(汗)。
スポンサーサイト
23:55  |  弦楽四重奏曲  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●こんにちは

シューマンの弦四の動画は、動画検索エンジンfoooooで「Schumann op 41」で検索すると、dailymotionという動画サイトで全楽章見ることができますよ。
プロのライブ映像だと思います。素晴らしい演奏です。
スフィンクス |  2009.12.11(金) 09:46 | URL |  【編集】

すいません、一番の動画だけでした。
三番の四楽章はYoutubeで見たことはあります(学生の演奏だったかな)
youtubeで「Schumann string quartett no.3」で検索すると見つかると思います。
スフィンクス |  2009.12.11(金) 10:12 | URL |  【編集】

●ご教示をいただきまして有り難うございます

スフィンクスさん、ようこそお越しくださいました。「a one-minute coffee break」のpizzicatoです。
早速キーワードをコピペして(笑)検索したところ、おっしゃるように学生の演奏と思われるものがありました(^-^)/
シューマンの弦楽四重奏曲は、人気の高いピアノ五重奏曲の陰に隠れてしまっているようで、ちょっぴり残念です。
pizzicato |  2009.12.11(金) 22:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。