スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.12/09 (Wed)

J.S.バッハ 前奏曲とフーガ イ短調 BWV543 

バッハのオルガン曲は壮大で厳かな趣の演奏が多いと思います。作品そのものがそのような威容を湛えているからでしょう。

今夜聞いたワルター・クラフトの演奏は朴訥と言いたくなるくらい簡素な仕上がりです。こちらが意気込んで聞いてしまうと肩透かしを喰らいそうですが、その飾り気の無さに何故か心惹かれます。




Fugue in a-minor (BWV 543)
これはフーガです。(演奏者はCDと異なります。)
スポンサーサイト
23:55  |  オルガン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。