スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/09 (Mon)

サン-サーンス 七重奏曲 

気ままな音楽鑑賞ブログのつもりが、いつの間にか作曲家のお国巡りになっていますね(爆)。一応このシリーズ(??)の最後はフランスにしました。

最初はサン-サーンスです。非常に多くの作品を遺していますが、圧倒的に有名なのは交響曲第3番と「動物の謝肉祭」でしょうか。後者はオーケストラ版よりも室内楽版の方が愉しいと思うのですが、サン-サーンスには室内楽に佳品が多いのではないでしょうか。

2つの弦楽四重奏曲が傑作と思うのですが、演奏会でプログラムに組まれていることは見たことがありませんし、録音も少ないですね(゜-Å)

これに対し、七重奏曲が最も演奏に恵まれているかもしれません。弦五部(弦楽四重奏+コントラバス)、ピアノ、そしてトランペットという特異な編成ですが、その愉悦にあふれる曲想は近代に蘇るモーツァルトという趣さえあります。





Saint-Saens - Septet in Eb Major - Preambule
4楽章構成ですが、これは第1楽章です。

ところで、YouTubeをリンクするにあたって、画像表示をすると重たくなるので文字表示に変えました。私のPCの問題と思うのですが、う~ん、新しいパソコンが欲しい…(苦笑)。
スポンサーサイト
22:00  |  室内楽曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

サン=サーンスは大編成の曲ってイメージがとても強かったので、ちょっと驚きです!
本当に編成変わっていますね~
このYouTubeの演奏ではトランペットの音が甘いですね☆

私はサン=サーンスでは「序曲とロンド・カプチリオーソ」「白鳥」などのヴァイオリン曲が好きです☆
「オルガン付き」ではどの楽章も大好きなんですが、特に2楽章が好きです
基本的に弦楽のユニゾンが好きです♪

ノリコ |  2009.11.10(火) 00:15 | URL |  【編集】

●サン-サーンスの曲♪

ノリコさん、「白鳥」はヴァイオリン版を聞いた覚えがなかったので、さっそくYouTubeで見ました(≧∇≦)
また、「オルガン付き」の第2楽章は勇壮でとても好きですi-176

サン-サーンスの室内楽曲にも素敵な曲が多いと思うのですが、もっと演奏される機会が増えれば良いのにと思います(^-^)/
pizzicato |  2009.11.10(火) 21:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。