スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.01/30 (Mon)

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番 フィッツウィリアム弦楽四重奏団 1983 

今夜はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第13番をフィッツウィリアム弦楽四重奏団による演奏で聞きました。「大フーガ」を最終楽章にすえ、最後に「新フィナーレ」を追加した収録となっています。

カヴァティーナまでは、流麗かつ透明感のある響となっています。ところが、「大フーガ」に至って、バラバラの楽想が累積されていくような趣となっています。

ショスタコーヴィチの弦楽四重奏を全曲聞いたこのカルテット、とても魅力に溢れていると思います。

The Fry Street Quartet - Beethoven: String Quartet in B-flat Major, Op. 130, Cavatina

カヴァティーナ、フライ弦楽四重奏団による演奏です。


スポンサーサイト
21:05  |  弦楽四重奏曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。