スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/22 (Sun)

ワーグナー 「夜明けとジークフリートのラインの旅」 テンシュテット 1980 

今夜はワーグナーの「神々の黄昏」から「夜明けとジークフリートの旅」を聞きました。クラウス・テンシュテット指揮、ベルリンフィルハーモニーによる演奏です。

3月11日の震災から数日後に、ベルリンフィルハーモニーは動画サイトに日本へのメッセージを発信しています。

Message from the Berliner Philharmoniker to the Japanese people

第1ヴァイオリンのセバスティアン・ヘーシュによる日本語でのメッセージにはホントに感激しました。首席指揮者サー・サイモンの言葉にも。

それ以来、ベルリンフィルのTwitterも覗いています(^-^)

@BerlinPhil Berlin Philharmonic

そこで、今日はリヒャルト・ワーグナーの誕生日と気づきました。紹介されていたのは、首席指揮者サー・サイモンによる「ジークフリートのラインの旅」の動画でしたので、本日の選曲となったわけです(≧∇≦)

テンシュテット&ベルリンフィルの演奏は、「夜明け」の部分に大幅なカットがあることが残念ですが、このコンビらしい剛直で雄大な表現を聞くことができます。




Wagner Siegfried's Rhine Journey (Götterdämmerung) Klaus Tennstedt London Philharmonic

これは、1988年にテンシュテットがロンドンフィルを率いて来日した際の演奏です。ベルリンフィルのような鋼の響きではありませんが、しなやかさが魅力的です。
スポンサーサイト
23:05  |  オーケストラ曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。