スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.04/23 (Sat)

ニールセン 交響曲第3番 ブロムシュテット 1989 

今夜はニールセンの交響曲第3番「エスパンシーヴァ」を聞きました。ヘルベルト・ブロムシュテット指揮サンフランシスコ交響楽団による演奏です。

フィンランドのシベリウスとほぼ同時期に活躍したデンマークのニールセン、初めて聞いた作品はクラリネット協奏曲でした。その後、木管五重奏曲も聞きましたが、私にとって決定的な印象を残したのは交響曲第3番でした。

スペクタルな第1楽章にグイグイ惹きこまれ、不安と安らぎが交錯するような第2楽章に魅せられました。ソプラノとバリトンのヴォカリーズも素敵でした。

遠くを見つめるようなホルンのファンファーレに続く異国情緒満点の第3楽章、最終楽章の凱旋するような勇姿も素晴らしいです。

この時の指揮者がヘルベルト・ブロムシュテット。ブルックナーで馴染み深い名前でしたが、これを聞いて一気にファンになりました。

Nielsen - Symphony No. 3 "Espansiva" 1st Mvt.
私が今夜聞いた演奏と同一と思いますが、動画サイトでの音質はイマイチのような…(≧∇≦)


スポンサーサイト
20:00  |  オーケストラ曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。