スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.03/27 (Sun)

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第13番 

ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第13番を聞いて以来ブログをお休みしていましたが、あまりに多くのことがありすぎて、ここには書ききれません。あの日から数日間はネットにアクセスできない状況でしたし…。

この数週間は、ショスタコーヴィチのカルテット、ヴァイオリン協奏曲、「前奏曲とフーガ」、ワーグナーの「パルジファル」などを就寝前に聞いていました。

そして、やっと今夜はベートーヴェンのカルテットを静聴することができました。第13番、ハンガリー弦楽四重奏団による演奏です。

この枯淡な演奏に耳を澄ますと、虚心になれます。「音の世界」がただ超然とあり、そこに身を浸す安堵感!ベートーヴェンに「精神性」を探求する方々には申し訳ないですけれども…。

なお、この演奏の最終楽章は「大フーガ」となっています。後に差し替えられた「新フィナーレ」は、その「大フーガ」の後に収録されています。

前回この曲を聞いた際の演奏とは逆ですね。

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第13番
ベートーヴェン 「大フーガ」 作品133

ほぼ一年ほど前のエントリーとなりますが、当時は「大フーガ」が携帯の着メロだったのですね。今は、第3楽章です(≧∇≦)
このエントリーのタイトルをクリックするか、下の【Read More・・・】をクリックすると聞くことができます。



【More・・・】

スポンサーサイト
22:50  |  弦楽四重奏曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●ご無事でなによりです

遊歩道さま
暫く更新がなかったので心配しておりましたが、ご無事でなによりです。
私は関東圏なので直接被害を受けたわけではありませんが、
それでもなかなかゆっくりと音楽を聴けませんでした。
(でもハイドン先生達には随分癒されましたが・・・)
一服ざる |  2011.03.29(火) 00:10 | URL |  【編集】

●有り難うございます(^-^)/

年度末ということもあり、今月初めから慌しくなっていましたが、震災によってそれに拍車がかかりました。

一服ざるさんも職場では大変だったようですね。「その日、その時、その後」にはとても考えさせられるものがありました。難しいですよね…。

ハイドン先生はご無沙汰していますが、もう少し光明が見えたところで、「天地創造」にどっぷりとつかりたいと思っています。
遊歩道 |  2011.03.29(火) 23:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。