スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.02/23 (Wed)

ヴェルディ 歌劇「運命の力」序曲 ムーティ 

今夜はヴェルディの歌劇「運命の力」序曲を聞きました。リッカルド・ムーティ指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団による演奏です。

前回のバレンボイムとムーティの共通点… 私がクラシック音楽を熱心に聞き始めたころ、あまり好きな指揮者ではありませんでした(大汗)。

バレンボイムの場合は、私の波長の合うものとそうでないものの差が激しいということもありましたが、ムーティの場合は… 音楽作りが雑に感じられてしまって…。

ところが、その二人とも、私の大好きなシカゴ交響楽団の音楽監督に就任したのですから、さあ大変!(゚∀゚)

バレンボイムは好きになりました(爆)。

あらためて、ムーティの若き日の録音から、あまり好きになれなかったヴェルディの序曲集をきいてみたのですが…

とっても良いですね!(爆)

いくぶん乱暴な作りというイメージは払拭できないのですが、いかにも「これから劇的なオペラが始まりますよ!」という熱気に押されました(^-^)


そのムーティ指揮による「運命の力」序曲、動画サイトで検索してビックリ!アンコールの定番としているのでしょうか、異なる演奏で、4つもありました!

しかも、4つとも(年代こそ異なれど)最後の和音の指揮ぶりが全部同じ(笑)。

La Forza del Destino OVerture - Muti
1981年、フィラデルフィア管弦楽団との来日公演。

La Forza del Destino Riccardo Muti l'Orchestra della Scala
ミラノ・スカラ座管弦楽団との来日公演。

Verdi-La Forza del Destino Riccardo Muti Vienna Philharmonic
2005年、ウィーンフィルとの来日公演。

Riccardo Muti - Verdi - La Forza del Destino - Napoli - 2009
2009年、ベルリンフィルとのナポリでの公演。


もっとないのかと探したところ、もう一つありました。でも、↓これだけは少し指揮ぶりが違いました(笑)。
La Forza del Destino, Verdi (obertura)
スカラ座での歌劇全曲演奏からの映像のようですが、これだけだいぶ変化に富んでいるのでは、やはり「オペラ全ての中での序曲」という位置づけだからでしょうか。


スポンサーサイト
21:45  |  オーケストラ曲  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●ランボー者

あまり多くを聴いているわけではありませんが、私もムーティはちょっと乱暴で騒がしい、というイメージですね。
レスピーギのローマ三部作は好きですけど。

でも、4種類並べて見比べると面白いですね。
81年はさすがに若い!そして速い!で、かっこいい。自分の「観られ方」をよく知っている感じです。
一服ざる |  2011.02.23(水) 22:23 | URL |  【編集】

●ランボー(^-^)/

若き日のムーティ、「ランボーみたい」と知人の間で話題になっていたことを思い出しました(笑)。

1981年の来日、この時点で既に40歳になっていたわけですが、あらためて「音楽家ってホントに若々しいなぁ」と思いました。

(特に本国の場合?)ともすると音楽愛好家が『若年寄』になる傾向もあるかもしれませんが、ムーティを見ていると、「いくつになっても若々しいっていいなぁ」とも思ってみたりもします(≧∇≦)
遊歩道 |  2011.02.23(水) 23:40 | URL |  【編集】

●あれ?聞いたことある…

と思ったら、教授が関係してるコンサートで
生演奏聞いたことあるからでした~(^-^)

残念ながらハイライトだったのでお話の内容は全く分かっていませんが
確かすっごい悲劇だったような…というおぼろげな記憶しか…(笑


動画見ましたが
私には指揮がまるで…ディズニーのアニメーション見てるかのように感じました(笑
動きが…滑らかなのか…キビキビなのか…
特にミラノ・スカラ座管弦楽団との来日公演がそう感じました


これだけ熱のこもった指揮だと、演奏者も力が入りますね!!
普段以上の実力が発揮してしまうんじゃないかという錯覚に陥りそうです~
ノリコ |  2011.03.02(水) 01:41 | URL |  【編集】

●お帰りなさい!

ノリコさん、お帰りなさい!

今年も充実した海外演奏ができたようでなによりです(^-^)/

さて、「運命の力」、そうです!序曲は多いに盛り上がって終わりますけれど、オペラのストーリーは「すっごい悲劇」です… 主要人物がほとんど死んでしまうという…(>_<")

ムーティみたいな熱血漢の指揮者、実力以上のものをオーケストラから引き出すという意味で、今日では貴重なマエストロかもしれませんね(^-^)
遊歩道 |  2011.03.02(水) 22:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。