スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.01/30 (Sun)

ブラームス 弦楽四重奏曲 第3番 

今夜はブラームスの弦楽四重奏曲第3番を聞きました。イタリア四重奏団による演奏です。

気難しさと煮え切らない楽想に満ち溢れた第1番、さんざん悩んで仕舞いには金切り声で怒ってしまう第2番、ブラームスの弦楽四重奏曲は一筋縄ではいきません(≧∇≦)

ところが、第3番にいたって、ご機嫌モード全開になるのです。第1楽章なんて、重たいハイドン、ちょっぴり“くどい”モーツァルトという感じですから(笑)。

第2楽章は和やかで悠久な明暗の交錯。これってブラームスの緩除楽章に顕著かもしれません。

続くは第3楽章…



この煮え切らない断片的な楽想、コントラストの強い楽想が織り成されていく構築物…

やっぱり、ブラームスのカルテットはブラームスのカルテットと思ってしまいます(汗)。

最終楽章はまた穏やかさが戻ってきますけれども。


ちなみに、ブラームスのカルテットは3曲とも全て交響曲第1番が完成する前に書かれているのですが、何か吹っ切れないものがあったのかもしれません。

この後、ブラームスは室内楽曲に名作を多く遺していくことになりますが、なぜかカルテットに戻ってくることはありませんでした。


Brahms String Quartet No. 3 in B flat Major (I)
快活な第1楽章です。



ジャケットは異なりますが、私が聞いた演奏と同じと思います。
スポンサーサイト
19:45  |  弦楽四重奏曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。