スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.11/28 (Sun)

ブラームス ヴァイオリンソナタ 第3番 

今夜はブラームスのヴァイオリンソナタ第3番を聞きました。シモン・ゴールドベルクのヴァイオリン、アルトゥール・バルサムのピアノです。

ブラームスが遺したヴァイオリンソナタの最後を飾るこの曲は、ブラームス晩年の「やるせなさ」に覆われた趣となっています。

ロマンティックな第1番、穏やかな心境の第2番、そして不安を秘めた第3番とでも言えばよいでしょうか。

なお、この第3ソナタは第4交響曲を作曲した翌1886年に書かれており、この年は名作が多く生まれていますね。

チェロソナタ第2番 作品99
ヴァイオリンソナタ第2番 作品100
ピアノ三重奏曲第3番 作品101

ところで、ブラームスって「室内楽曲にも名作が多い」と表現されていることを度々見かけるような気がします。私は「室内楽曲名作が多い」と思っていますが…(≧∇≦)


Brahms - Sonata No.3 D Minor - Allegro
パールマンとバレンボイムによる演奏です。


スポンサーサイト
19:35  |  ヴァイオリン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。