スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.11/25 (Thu)

サン-サーンス 「死の舞踏」 リスト編曲版 

今夜はサン-サーンスの「死の舞踏」をフランツ・リスト編曲版で聞きました。ピアノ独奏はアーナルド・コーエンです。

サン-サーンスはリストが確立した交響詩というジャンルに影響を受け、4つの交響詩を遺しました。その中で最も有名なものが「死の舞踏」でしょう。

その返礼としてでしょうか、リストは「死の舞踏」をピアノ独奏用に編曲しています。

NAXOSレーベルは、リストのピアノ作品を全曲録音するプロジェクトを行っていますが、その第1集の冒頭を飾る曲がこれとなります。

…というか、これまでまったく気づかなかったのですが… なんとこの曲も「怒りの日」を用いているのですね!(驚)

Saint-Saëns: Danse Macabre
サン-サーンスのオリジナル、00:49からの弦楽器によるメロディー、何度も現れるこれが、「怒りの日」に基づいていたなんて…(≧∇≦)


Saint-Saens/Liszt- Danse Macabre
レスリー・ハワードによるリスト編曲版です。


スポンサーサイト
22:20  |  ピアノ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。