スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.10/03 (Sun)

モーツァルト 交響曲 第25番 

今夜はモーツァルトの交響曲第25番を聞きました。トレヴァー・ピノックのチェンバロ&指揮、イングリッシュ・コンサートによる演奏です。

超が付くくらいの有名曲ですね。モーツァルトが書いた短調の交響曲はこれと第40番のみということですが、同じ調性でありながら、タイプはだいぶ異なるような気がします。

第40番は後期らしい優雅さが潜んでいるものの、第25番は第2楽章を除けば、攻撃的な素性を隠しているような趣さえあります。

それがピノックの手にかかると、英国紳士的な(?)節度が備わりますね♪

実は攻撃的な演奏も好きなのですが(爆)。



1990年の録音です。


Mozart: Symphony No. 25 / Trevor Pinnock · Berliner Philharmoniker
これは2008年にピノックがベルリンフィルに客演した際の映像です。録音から18年を経ていますが、ピノックらしい溌剌さは健在ですね(^-^)/
スポンサーサイト
20:45  |  室内オーケストラ  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●タイトル

おぉ!!

超超超有名な曲ですね♪

やっぱりモーツァルトは良いですね~
他の曲も然り、とてもかるやかです。
どうしてこんなに、かるやかなんでしょうか?(笑)

今、アイネクをやっているんですけど
鳥の歌声のようメロディの美しさが大好きです☆
ノリコ |  2010.10.04(月) 23:42 | URL |  【編集】

●タイトル

おぉ!!

超超超有名な曲ですね♪

やっぱりモーツァルトは良いですね~
他の曲も然り、とてもかるやかです。
どうしてこんなに、かるやかなんでしょうか?(笑)

今、アイネクをやっているんですけど
鳥の歌声のようメロディの美しさが大好きです☆
ノリコ |  2010.10.04(月) 23:42 | URL |  【編集】

●モーツァルト

モーツァルトのアイネク、確かに鳥の歌声のような感じですね(^-^)/

モーツァルトは楽しげな趣、哀しげな趣だけでなく、今回の交響曲第25番のように「怒りをぶちまけるような」(??)スタイルも作ることができたのですね♪

たとえ「怒り」であっても、その中に優美さを兼ね備えることができたのは、今日の近代社会にあって、かえって新鮮に響きますね(^-^)
遊歩道 |  2010.10.05(火) 23:40 | URL |  【編集】

●追伸

新しい肩当の画像も見せてくださいね!(≧∇≦)

あと、新しいケースも見てみたいです(^-^)/
遊歩道 |  2010.10.05(火) 23:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。