スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08/29 (Sun)

バルトーク 弦楽四重奏曲 第4番 

今夜はバルトークの弦楽四重奏曲第4番を聞きました。ファインアーツ・カルテットによる演奏です。

第4番は前作第3番が完成した翌年1928年に作曲されています。第3番も先鋭的な作品でしたが、第4番はさらに攻撃的(?)になっています。

ただし、第3楽章などでは、これまで聞いてきたバルトークのカルテット特有の「怪しげな夜」を想起させる趣となっています。

また、第3番が単一楽章構成であったのに対し、第4番は5楽章構成と規模も大きくなっています。殊に独創的なものとして有名なのはピチカートのみで演奏される第4楽章かもしれません。

Béla Bartók: String Quartet No. 4:4. Allegretto pizzicato

そしてこれに続く最終楽章は、もはや攻撃的を通り越して暴力的かもしれません??(≧∇≦)

それでも、全曲が終わった後のカタルシスは下記の動画のように「わーお」って感じです(^-^)

Bartok String Qt. #4 5th mvt
学生による演奏とのことですが、メチャクチャ巧いです(驚)。


スポンサーサイト
22:15  |  弦楽四重奏曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。