スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08/21 (Sat)

ショパン ピアノ協奏曲 第1番 ピアノ六重奏版 

今夜はショパンのピアノ協奏曲第1番の室内楽版を聞きました。ジャン-マルク・ルイサダのピアノ、ターリッヒ四重奏団、そしてベンジャミン・ベルリオーズのコントラバスによる演奏です。

先日聞いたブラームスのヴァイオリンソナタでの独奏はゴールドベルクでした。ゴールドベルクはポーランド生まれ、ポーランド出身の偉大な作曲家となればショパンですね(≧∇≦)

ピアノ協奏曲第1番はもちろんピアノ独奏とオーケストラによる作品ですが、室内楽版と出会ってからは原曲と疎遠になってしまいました(汗)。この室内楽版も動画サイトを巡ると幾つかの演奏を聞くことができますが、一つトリックがあるように思えます。

コントラバスを除く弦四部が「カルテット」であると、より親密性が高まるように思えます。また、そうでない場合は、良い意味でのサロン風な趣が愉しめるのではないでしょうか。





Chopin Concerto No.1 op.11 III.Rondo Sylvia Jen (piano)
第3楽章です。音質がとても良いですね(^-^)

Chopin: Piano Concerto No. 1 / Barenboim · Fisch · Berliner Philharmoniker
こちらは、通常のオーケストラ版で第3楽章冒頭です。
この演奏は巧すぎ!(≧∇≦)
スポンサーサイト
22:40  |  室内楽曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

すごい!
コンチェルトの室内楽バージョンというのを初めて聴きました!!
それに動画の音質が良くて、ピアノの多彩な音色が分かるし
室内楽だから弦のそれぞれの音色がよく聞こえてきて
アンサンブルしてる!って感じが出ててとてもいいですね!!
これは虜になります(^-^*


ノリコ |  2010.08.24(火) 21:40 | URL |  【編集】

●室内楽への編曲版 ♪

ノリコさん、このコンチェルトの編曲版、良いですよね~(^-^)/

大編成のオーケストラ鑑賞することも愉しいですが、このような室内楽版で各声部がくっきり浮き上がってくることも素敵ですよね。

かつては、オーケストラ曲の室内楽版というと、「?」といった気持ちが先行していましたが、今はこのアンサンブル感覚にはまっています(≧∇≦)
遊歩道 |  2010.08.25(水) 23:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。