スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.07/31 (Sat)

ハイドン 弦楽四重奏曲 第57番~第62番 

今夜はハイドンの弦楽四重奏曲作品54と55、第57番から第62番を聞きました。エンジェルス弦楽四重奏団による演奏です。

これまでのハイドンのカルテットは6曲が1セットになっていることがほとんどでしたが、出版の関係からか今回聞いた曲集は2つに分かれています。

作品54が「第1トスト四重奏曲」、作品55が「第2トスト四重奏曲」と呼ばれていますが、ヨハン・トストはハイドンが楽長を務めていたエステルハージ楽団のヴァイオリン奏者だそうです。

これら6曲の中では、唯一の短調の作品である第61番が「レーザー(カミソリ)」というニックネームで有名ですね。ハイドンにとって円熟に向かう過程を垣間見ることができるような作品と思います。

今回の鑑賞では若々しさを残した他の長調作品もとても素敵に思えました(^-^)

Haydn No.43 G major Op. 54 No 1 (part 4 of 4)
第57番の最終楽章です。さらっとした終結部が印象的です。
なお、これはアイヴォリー弦楽四重奏団のデビュー・リサイタルと記されています。初めて聞くカルテットですが、素直さが良いですね(^-^)


スポンサーサイト
22:00  |  弦楽四重奏曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。