スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/09 (Wed)

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第15番 

今夜はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第15番を聞きました。ジュリアード弦楽四重奏団による演奏、1969年~1970年の収録です。

ベートーヴェンの後期カルテットは出版順に番号が付けられたようで、実際の作曲順は12→15→13→14→16となります。12番では従来の4楽章構成であったものの、15番では5楽章、13番は6楽章、そして14番は7楽章と1つずつ多くなっていきました。

また、第15番は第14番と同じく緩除楽章が長大になっていることに特徴があります。ベートーヴェンが病気から回復し、その感謝の気持ちをこめて作曲されたというその第3楽章には「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」と記されています。

Beethoven String Quartet Op 132 III Molto Adagio, Andante - Alban Berg Quartett (1/2)
第3楽章の前半です。

また、当初フィナーレは第九交響曲の最終楽章に用いる素材であったようですが、合唱つきに変更されこの曲に転用されたとのことです。

Beethoven: String Quartet No.15 op 132 V. Allegro appassionato Quartetto Italiano
その第5楽章フィナーレです。





Blair String Quartet: Beethoven's Quartet in A Minor, Op. 132
動画サイトに、ブレア弦楽四重奏団による全曲演奏がアップされていました(驚!)
スポンサーサイト
23:15  |  弦楽四重奏曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。