スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.05/29 (Sat)

ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲 第4番 

今夜はショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第4番を聞きました。フィッツウィリアム弦楽四重奏団による演奏です。

ショスタコーヴィチにとって主要ジャンルの一つであった交響曲は第9番(作品番号70、1945年)の後、第10番(作品番号93、1953年)に至るまで長い年月が横たわっています。この間にソビエト当局による批判(所謂、「ジダーノフ批判」)にさらされていたことが原因となったのでしょうか、映画音楽や声楽曲に創作の中心が移っています。

この期間に遺された有名曲となると、ヴァイオリン協奏曲第1番、オラトリオ「森の歌」、そして弦楽四重奏曲第3番から第5番となります。ただし、ヴァイオリン協奏曲第1番は1955年まで初演されていません。これは作品の革新性から、当局の批判を恐れてのこととして有名でしょう。

弦楽四重奏曲はあまり当局の干渉を受けるジャンルではありませんでしたが、それでも第4番だけは初演は完成から4年を経た1953年となっています。それはユダヤ音楽からの影響が反映されているからだそうです。

ショスタコーヴィチとしては非常に歌謡的であり、第1楽章の田園的な長閑さ、第2楽章のリリシズム、第3楽章のうごめき、そして第4楽章の行進曲的なクライマックスと静かなエピローグととても聞き応えのある名作と思います。





Vaghy String Quartet Shostakovich Quartet No. #4 - 3rd movement
動画サイトではなかなか気に入る演奏が見出せませんでした(汗)。ホントは聞き応えある第4楽章を掲載したかったのですが…。
でも、この第3楽章は良いと思います(^-^)
スポンサーサイト
22:45  |  弦楽四重奏曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。