スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.05/12 (Wed)

ベートーヴェン ピアノソナタ 第14番 「月光」 

今夜はベートーヴェンのピアノソナタ第14番嬰ハ短調、所謂「月光ソナタ」を聞きました。エフゲニー・キーシンの独奏です。

前回は弦楽四重奏曲第14番を聞きましたが、ピアノソナタの第14番も嬰ハ短調という共通点がありますね。しかし、曲の性格はいくぶん異なっています。

カルテットは死の前年の1826年の作でありベートーヴェン後期特有の思索的な趣が強いものの、ソナタはそれよりも四半世紀前の1801年に書かれており、まだ若々しいロマンの飛翔が感じられます。

なお、「月光」という副題はベートーヴェン自身の命名ではなく、後世の人がつけたことは有名ですが、原題には「幻想曲風に」とあるそうです。



キーシンの透明感溢れる硬質なタッチによる演奏は素晴らしいと思います。


GILELS plays Beethoven - Moonlight Sonata Op 27 No 2 - Mvt 1
エミール・ギレリスによる第1楽章です。これも硬質な美感が光る名演ですね。
スポンサーサイト
22:35  |  ピアノ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ベートーベンの「月光」-1楽章は有名ですよね~

中学時代、友達が発表会でこれを弾いたんですけど
「私も弾く~!!最初だけなら弾けるかな?」と言って、友達の見よう見真似で弾いた覚えがあります
今でも、たった8小節ですが覚えています(笑



ノリコ |  2010.05.14(金) 00:20 | URL |  【編集】

●「月光」

私も最初の数小節だけ友人の手ほどきで弾きました(爆)。

数年後、第1楽章だけでは弾ける(なぞる?!)ことができるようになりましたが、第2楽章でつまずきました。(当然、第3楽章は完全にムリです(^^;; )

でも、またピアノを練習する機会があれば、「月光」は是非また取り組んでみたい曲の一つです(^-^)
遊歩道 |  2010.05.14(金) 22:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。