スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/05 (Mon)

モーツァルト 弦楽四重奏曲 第14番 「春」 

今夜はモーツァルトの弦楽四重奏曲第14番「春」を聞きました。ブランディス・カルテット・ベルリンによる演奏です。

モーツァルトは速筆として有名ですが、ハイドンに献呈した6つの弦楽四重奏曲は推敲を重ね慎重であったようで、完成までに2年という歳月をかけています。

これが所謂「ハイドン・セット」と呼ばれるカルテット集ですが、その最初を飾る名曲が「春」です。その屈託のない伸びやかさと、そこに織り成されるほのかで微妙な陰翳はモーツァルトの面目躍如たるものがあると思います。

ブランディス・カルテット・ベルリンの第1ヴァイオリン奏者トーマス・ブランディスは、26歳でベルリンフィルのコンサートマスターとなりましたが、教育とカルテットに専念するために40歳代で退団しています。

このカルテットは全員がベルリンフィルと縁の深いメンバーで構成されていますが、当時のベルリンフィル特有の壮麗華美なサウンドではなく、もっとニュートラルなものとなっています。





Mozart - String Quartet G major KV 387 (4) performed by Nomos-Quartett - 4th movement
これはノモス・カルテットによる第4楽章です。「春爛漫」といった趣ですね(^-^)/
スポンサーサイト
22:50  |  弦楽四重奏曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●う~ん

難しそうなんですけど…

いい曲だ!!

これ弾けるようになりたいなぁ~って思いました

春爛漫♪
ちょうど窓から桜が一望できる
大学の音楽室でカルテットしたいですねー!

初めて聞く曲でしたけど、好きになりました♪
ノリコ |  2010.04.06(火) 18:47 | URL |  【編集】

●春

ノリコさん、いつかは是非この曲を演奏してみてください!とても良い曲ですよね(^-^)/

これから幾つか「春」の題名をもつ作品を聞いていく予定ですが、モーツァルトの場合はホントに春爛漫といった感興で、窓から桜を眺めるようなシーンに似合いますね(^-^)

次回は、ノリコさんの好きな「春」、春うららかにといった趣の曲を聞く予定です♪
遊歩道 |  2010.04.07(水) 23:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。