スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.03/18 (Thu)

J.S.バッハ 前奏曲とフーガ 変ホ長調 BWV 552 「聖アン」 

今夜はバッハの前奏曲とフーガ、BWV552を聞きました。ヘルムート・ヴァルヒャによるオルガン独奏、1970年の録音です。

一般的にバッハの「前奏曲とフーガ」という形式ですと、前奏曲よりもフーガのほうが長大というイメージがあります。←勝手なイメージ(≧∇≦)

ところが、この曲は前奏曲のほうが2分くらい長くなっています。気宇壮大な前奏曲ですが、それでもフーガが堂々としており、竜頭蛇尾とはなっていません。なお、このフーガは「聖アン」と呼ばれているそうです。

ところで、この曲はブログで2回目となります。前回はシェーンベルクによるオーケストラ編曲版でした。





J.S. Bach: Prelude and Fugue "St. Anne" BWV 552 (2)
「聖アン」のフーガ、これはカール・リヒターによる演奏です。
スポンサーサイト
23:25  |  オルガン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。