スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/21 (Wed)

チャイコフスキー 「アンダンテ・カンタービレ」 

チャイコフスキーの弦楽四重奏曲はあまり知りませんが、第1番第2楽章は「アンダンテ・カンタービレ」としてボロディンの「夜曲」と並ぶ有名曲ですよね。チャイコフスキーの隣でこの曲を聞いたトルストイが、感動のあまり落涙したという逸話もあるくらい。昨日と同じくボロディン四重奏団の演奏で聞きましたが、第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンはメンバーが異なっています。

弦楽四重奏曲が続きましたので、明日はヴァイオリン協奏曲か、弦楽合奏、または室内オーケストラの曲を聞いてみたいと思います(^-^)/





Borodin Quartett: Tschaikowsky & Shostakovich
動画サイトで一部を見ることができる演奏は、私が聞いたCDと同じメンバーです。
スポンサーサイト
21:00  |  弦楽四重奏曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ショスタコーヴィチの交響曲10番は聞いたこと無かったんですけど、本当にDSCH音型のオンパレードですね!?他の楽章も気になるのでこれからじっくり聞きますね☆

「セカンドワルツ」は交響曲5・10番に比べると
全く雰囲気が違って、私の中では戦争のイメージが強いショスタコーヴィチにしては…らしくない曲に思えます

パスピエちゃんはブログを書くんですか!?面白いですね!知らなかったです(笑
今日は「ウィンナ…」と言っていました!きっと「ウィンナ・ワルツ」の“ウィンナ”なんでしょうね♪

「アンダンテカンタービレ」はピアノ伴奏のヴァイオリンのソロで聴くことが多かったので、ちゃんとしたカルテットを聴くのは初めてです☆
はぁ…うっとりする旋律ですね…思わずため息がでちゃいます。

ノリコ |  2009.10.21(水) 22:10 | URL |  【編集】

●「セカンドワルツ」聞きました!

ノリコさん、ショスタコーヴィチの「セカンドワルツ」聞きました!YouTubeで(笑)。私もノリコさんと同じようにショスタコーヴィチのイメージとは異なりますが、「こんな世俗的で楽しい曲も書いていたんだ」と驚きました(≧∇≦)

ショスタコーヴィチの交響曲はまだ全部をちゃんと聞いたことがないので、私もまだこれからです。カルテットは陰鬱な曲が多いのですが、いったんはまると、なかなかその魅力から抜け出せません(笑)。

さて、ブログペットの機能ですが、1週間に1度くらいの頻度で自動でブログに記事を書く設定ができます。この前は、「きのうはpizzicatoは感覚みたいな行き来したいなぁ。」と訳の分からないことを書いていました(笑)。たぶん明日か明後日くらいにまた書くと思うので注目です(爆)。

ところで、ノリコさんのホルベルクの演奏会、11月8日なのですね…。関東圏内ならば聞きに行きたかったのですが、この日は行くことができなくとても残念ですi-241
pizzicato |  2009.10.22(木) 20:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。