スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.03/11 (Thu)

シベリウス 交響曲第3番 

今夜はシベリウスの交響曲第3番を聞きました。サー・コリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団による2003年のライヴ録音です。

サー・コリンは同曲を少なくとも3回は録音していると思いますが、有名なボストン交響楽団との録音が暖色系の色彩とすれば、ロンドン響とのものは寒色系のパレットを用いていると思えます。第3番はどちらのスタイルでも私の好みに合います(≧∇≦)

この交響曲は3楽章構成であり、最終楽章がスケルツォ&フィナーレといった趣となっていますね。非常に簡潔であり、森や湖などの自然を想起させるような名曲と思います。

しかしながら、シベリウスの交響曲にあっては何となく人気がイマイチ(?)のような感もあります。第6番、第7番の次に好きな作品なのですが…。





Sibelius - Symphony No. 3, 1st mvmt (I)
エサ・ペッカ・サロネン指揮によるこの曲の冒頭です。弦楽器と木管楽器の扱いが巧みですね(^-^)
スポンサーサイト
22:10  |  オーケストラ曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●私のはボストン饗で

こんにちは。私はボストン饗のを持ってします。30年ほど前と思いますが全集で買って、以来シベリウスの交響曲が好きになりました。どれもそれぞれに違った特徴があっていいですね。
crest |  2010.03.14(日) 17:02 | URL |  【編集】

●サー・コリン・デイヴィス

crestさんは確かサー・コリンを高く評価されていたと記憶していますが、本当に素晴らしい指揮者ですね。

ボストン交響楽団とのシベリウスはエヴァー・グリーン的な存在として有名な録音ですね。最近あまり聞いていないので(汗)、あらためて聞いてみたいと思います(^-^)/
遊歩道 |  2010.03.14(日) 22:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。