スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.03/08 (Mon)

ストラヴィンスキー 「グリーティング・プレリュード」 

今日はストラヴィンスキー作曲(編曲?)による、「グリーティング・プレリュード 'Happy Birthday'」を聞きました。

これはストラヴィンスキーが、「春の祭典」などの初演を行った名指揮者ピエール・モントゥーの80歳の誕生日に捧げた曲です。1分にも満たない曲ですが、斬新な和音と愛嬌ある進行にストラヴィンスキーらしさがありますね(^-^)

Igor Stravinsky: Greeting Prelude (1955)


ストラヴィンスキーとモントゥーはともに長生した音楽家でしたが、モントゥーは89歳で亡くなるまで現役の指揮者として活躍したそうです。


スポンサーサイト
21:20  |  オーケストラ曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ディズニーを思わせるような雰囲気ですね☆

実は、誕生日に部長と後輩たちが即興で「ハッピーバースデー」を三重奏してくれたのです♪
ちゃんと綺麗にハモっていて、オケ部らしいお祝いに感激しました

遊歩道さんも本当にありがとうございます!!
ノリコ |  2010.03.11(木) 00:13 | URL |  【編集】

●☆ネ兄☆

ノリコさん、二十歳の誕生日おめでとうございます(*^-^)∠※PAN !!

オケ部らしい素敵なお祝いですね(^-^)/ きっと大切な思い出になるとことと思います♪

さて、この曲は1955年の作ですので、ストラヴィンスキーがアメリカに亡命して10数年、ディズニーの影響を受けていたのかもしれませんね(^-^)

ストラヴィンスキーやモントゥーのように長く輝かしい音楽人生を過ごされますよう祈念していますi-236
遊歩道 |  2010.03.11(木) 21:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。