スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.08/13 (Mon)

マスネ 没後100年 「タイスの瞑想曲」 

ジュール・マスネの没後100年の今日、「タイスの瞑想曲」を聞きました。ジョシュア・ベルのヴァイオリン独奏、アンドリュー・リットン指揮ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団による演奏です。

マスネは1842年5月12日に生まれ、1912年8月13日、今日からちょうど100年前に亡くなっています。

「タイスの瞑想曲」は、マスネの最高傑作の一つ、歌劇「タイス」からの抜粋/編曲です。

マスネはワーグナーの『ライトモティーフ』の技法を使用していますが、「タイスの瞑想曲」として高名な旋律も、この歌劇では幾度となく用いられています。


Fleming, Hampson, Thais final scene
これは、歌劇「タイス」の最終画面です。娼婦タイスが浄化され、彼女を更生した修道士アタナエルが堕ちいていく結末が、何とも甘美に(??)描かれています。

Leonid Kogan plays Massenet - "Meditation from Thais"
こちらは、レオニード・コーガンのヴァイオリン独奏による演奏です。



スポンサーサイト
23:45  |  ヴァイオリン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。