スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.12/23 (Fri)

リスト「クリスマス・ツリー」 とワーグナー「ジークフリート牧歌」 

今夜はフランツ・リストの「クリスマス・ツリー」を聞きました。昨年亡くなったローンダ・ギレスピーによるピアノ独奏です。

全体で12曲からなる40分ほどの曲集です。クリスマス・キャロルをベースにしている小品が多く、リストの(後期?)作品とは思えないほど平明な曲想に彩られています。

この作品はリストの孫娘にあたるダニエラ・フォン・ビューローのために書かれたとのことです。ダニエラの母親は、ワーグナーの伴侶となるコジマですが、コジマの誕生日は12月25日(1837年)。

そのコジマの誕生日プレゼントに書かれたのが、「ジークフリート牧歌」です。

Wagner Siegfried Idyll (1/2); Solti
Wagner Siegfried Idyll (2/2); Solti

ウィーンフィルハーモニーのメンバーによる室内楽版ですが、なんてうっとりするような演奏なのでしょう!13人のメンバーのうち、4名はヴェラー・カルテットと同一なのだそうです。

クリスマスにちなむ作品を聞こうと思い、「リスト・イアー」を締めくるる意味での鑑賞、戸外の荒天が別世界のように、とても穏やかなものとなりました(*^^*)

Liszt-Weihnachstsbaum-(Christmas Tree),part1
レスリー・ハワードの独奏による「クリスマス・ツリー」の前半です。


スポンサーサイト
22:15  |  ピアノ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。