スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/18 (Mon)

新日本フィルハーモニー交響楽団 トリフォニー・シリーズ #480 

今日は新日本フィルハーモニー交響楽団による演奏会に行ってきました。演目はワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」です。

コンサート・オペラという形式で、オーケストラがピットに入る舞台形式でもなく、演技なしの演奏会形式でもない、その中間といった公演でした。

舞台にオーケストラは乗っているのですが、その前方、中間、後方にひな壇が置かれ、そこで歌手が演技を交えて歌います。

歌手は出番に合わせて出入りがありますが、原則として小道具は使っていません。唯一の小道具は、前方に置かれてあったベンチに水(?)の入った器があるだけです。題名役はひとしきり歌い終わると、その水を飲んでいたのですが、それも演技の一環になっていることが巧かったですね(^-^)

今回の歌手陣の中では、ブランゲーネの藤村実穂子さん、クルヴェナールの石野繁生さんがとても感銘的でした。カーテンコールでは最も喝采を浴びていました。

ところで、全曲が終わった後は大喝采でしたが、第2幕の終わりでは「ブラヴォー」に混じって「ブー」も聞こえたような気がします。カットがあったからでしょうか??


「トリスタンとイゾルデ」PV

動画サイトにこの演奏会の告知がアップされていますが、この一部は、本番のスクリーンと同じです。(舞台後方に大きなスクリーンが設置され、そこにCGのイメージ映像と日本語字幕が投影されていました。)

新日フィルの来年のプログラムには、歌劇/楽劇が含まれていないようですが、またワーグナーを演奏してくれないのでしょうか。アルミンクの指揮するワーグナー、端正でとても好感が持てたのですけれども。(ヴェルディとかもいいかも。「運命の力」とか…。)
スポンサーサイト
22:50  |  演奏会  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。