スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/26 (Mon)

ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲 第2番 

今夜はショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第2番を聞きました。演奏は第1番と同じく、フィッツウィリアム弦楽四重奏団によるものです。

前作の第1番から6年後の1944年に作曲、第二次世界大戦のさなかに初演されています。交響曲というジャンルでは戦争という時勢を反映されている作品が幾つか遺されていますが、弦楽四重奏にはそれがあまり感じられません。

ショスタコーヴィチにとって弦楽四重奏曲は、純音楽的なもの、あるいは内面を描く場となっていたのかもしれません。

この第2番はショスタコーヴィチの15のカルテットの中でも最も規模の大きいものとなり、かつ最も交響的な壮大さがあると思います。それは変奏曲形式となっている最終楽章に顕著です。

さらに、古風な第1楽章、オペラティックな第2楽章、映画音楽的な第3楽章と盛りだくさんですが、演奏によっては意識散漫になりかねない際どさが潜んでいるかもしれません。フィッツウィリアム弦楽四重奏団の演奏は全体を鳥瞰した名演と思います。





Borodin - Shostakovich Quartet 2 Op 68, I Oberture
ボロディン弦楽四重奏団による第1楽章です。最初に解説があり、演奏は1:18から始まります。
スポンサーサイト
22:45  |  弦楽四重奏曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/26 (Mon)

ハイドン 弦楽四重奏曲 第31番~第36番(BlogPet) 

遊歩道の「ハイドン 弦楽四重奏曲 第31番~第36番」のまねしてかいてみるね

今夜は「太陽四重奏曲」と呼ばれてい

*このエントリは、ブログペットの「パスピエ」が書きました。
11:33  |  Passepied  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/21 (Wed)

ハイドン 弦楽四重奏曲 第31番~第36番 

今夜はハイドンの弦楽四重奏曲第31番から第36番までを聞きました。ハーゲン・カルテットによる1992/3年収録による演奏です。

この6曲セットは「太陽四重奏曲」と呼ばれていますが、それはハイドンの命名によるものではなく、フンメルから出版されていた楽譜(初版ではありません)に太陽の絵が描かれていたからだそうです。

それでも、今日の観点からすれば「太陽」と呼ぶに相応しいエポック・メイキングな作品となっていると思います。前回、第25番から第30番を聞いた際に、「これで弦楽四重奏というジャンルでハイドンのウォームアップは完了しました。翌1972年には作品20という傑作が産まれることになります」と記しましたが、私見ではこの「太陽セット」が弦楽四重奏というジャンルの確立をもたらしたと思えるからです。





Jerusalem Quartet - Joseph Haydn String Quartet Op.20 n 5 IV-Fuga a due soggeti
第35番のフーガ形式による最終楽章、イェルサレム・カルテットによる演奏です。
23:05  |  弦楽四重奏曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/19 (Mon)

コープランド 「アパラチアの春」(BlogPet) 

遊歩道の「コープランド 「アパラチアの春」」のまねしてかいてみるね

今夜はアーロン・コープランドの収録によるオリジナル版、1973年ニューヨークでの「アパラチアの春」を聞きました。
作曲者自身の

*このエントリは、ブログペットの「パスピエ」が書きました。
11:39  |  Passepied  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/18 (Sun)

コープランド 「アパラチアの春」 

今夜はアーロン・コープランドの「アパラチアの春」を聞きました。作曲者自身の指揮によるオリジナル版、1973年ニューヨークでの収録による演奏です。

ブログでは「春」のタイトルを有する曲をこれまで4回聞いてきました。「もう数日すれば、暖かくなるだろう」と思いつつ聞いていたのですが、寒い日が続いてしまい季節はずれの選曲のようになってしまいました(汗)。やっと今日は暖かくなったものの、昨日は雪まで降る寒さとなってしまいましたね(´▽`)

コープランドの「アパラチアの春」は、まさに冷気の中で春を迎えるような趣があります。それは、大編成のオーケストラによる組曲版よりも室内オーケストラによるオリジナル版に顕著でしょう。

そして、シンプル・ギフトの変奏曲が最も有名な場面であり、心和む時となるでしょうか。このシェーカー教徒の音楽は、原曲の歌詞に変更が施され"Lord of the Dance"というタイトルでも親しまれているようです。



私の聞いたCDを見つけることができなかったのですが、たぶんこれでしょうか…。なお、コープランドは原典版とオーケストラ版の両方を録音しています。


Simple Gifts from Appalachian Spring
「シンプル・ギフト」の主題による変奏曲の場面です。
21:30  |  室内オーケストラ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/12 (Mon)

演奏(BlogPet) 

きょう遊歩道は、ベートーヴェンへ独奏しないです。
それで作曲したいです。
でも、録音したいです。
それで演奏♪
だけど、重奏したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「パスピエ」が書きました。
11:36  |  Passepied  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/11 (Sun)

シューマン 交響曲 第1番 「春」 

今夜はシューマンの交響曲第1番「春」を聞きました。ダニエル・バレンボイム指揮シカゴ交響楽団による演奏、1977年の収録です。

今日はだいぶ暖かくなりましたから、この曲の生命力溢れる春の謳歌に相応しい日となりました。これまでは、「春」を聞いても肌寒い日が多かったものですから(≧∇≦)

第1楽章序奏こそ、厳しい冬から春へ移り変わる様子を描いているようにも聞こえますが、主題に入ると一気に自然界の生き物が目覚めるような動的で闊達な曲想となり、それは最終楽章の喜ばしい謳歌まで続くことになります。

なお、第3楽章は「如何にもシューマン!」といった明暗の交錯が見事と思います。


ジャケットは異なりますが、私が聞いた演奏と同一と思います。

バレンボイムはシューマンの交響曲を近年ベルリン歌劇場管弦楽団と再録音しており充実した演奏を聞かせてくれました。しかし、第1番「春」はシカゴ交響楽団との旧録音の方が表現がストレートで好感が持てます。


Schumann: Symphony No.1 "Spring" (Bernstein) 3/4
第3楽章、バーンスタイン&ウィーンフィルによる演奏です。
21:50  |  オーケストラ曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/08 (Thu)

ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ 第5番 「春」 

今夜はベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ「春」を聞きました。ピンカス・ズッカーマンのヴァイオリン、ダニエル・バレンボイムのピアノによる演奏です。

これまで聞いてきた「春」、素朴でありながらウイットに富んだミヨー、春爛漫のモーツァルトといった趣でした。ベートーヴェンの場合は、春うららかにといった感じがします。

この曲はあまりに艶やかすぎたり、歌いすぎたりすると、しらけてしまう(?!)ような気がしてなりません(≧∇≦)

ズッカーマンのヴァイオリンは豊かであっても艶やか過ぎることはありませんし、歌謡性も程好いと思います。



ジャケットは異なりますが、私の聞いた録音と同一と思います。


David Oistrakh play Beethoven
これはオイストラフのヴァイオリン、オボーリンのピアノによる第1楽章です。骨太な演奏ですね。
23:50  |  ヴァイオリン  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/05 (Mon)

モーツァルト 弦楽四重奏曲 第14番 「春」 

今夜はモーツァルトの弦楽四重奏曲第14番「春」を聞きました。ブランディス・カルテット・ベルリンによる演奏です。

モーツァルトは速筆として有名ですが、ハイドンに献呈した6つの弦楽四重奏曲は推敲を重ね慎重であったようで、完成までに2年という歳月をかけています。

これが所謂「ハイドン・セット」と呼ばれるカルテット集ですが、その最初を飾る名曲が「春」です。その屈託のない伸びやかさと、そこに織り成されるほのかで微妙な陰翳はモーツァルトの面目躍如たるものがあると思います。

ブランディス・カルテット・ベルリンの第1ヴァイオリン奏者トーマス・ブランディスは、26歳でベルリンフィルのコンサートマスターとなりましたが、教育とカルテットに専念するために40歳代で退団しています。

このカルテットは全員がベルリンフィルと縁の深いメンバーで構成されていますが、当時のベルリンフィル特有の壮麗華美なサウンドではなく、もっとニュートラルなものとなっています。





Mozart - String Quartet G major KV 387 (4) performed by Nomos-Quartett - 4th movement
これはノモス・カルテットによる第4楽章です。「春爛漫」といった趣ですね(^-^)/
22:50  |  弦楽四重奏曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/05 (Mon)

チャイコフスキー(BlogPet) 

きょうパスピエが遊歩道は演奏したかった。
それで遊歩道とショスタコーヴィチへ重奏したかもー。
それで遊歩道は遊歩道はチャイコフスキーっぽい更新したいです。

*このエントリは、ブログペットの「パスピエ」が書きました。
11:43  |  Passepied  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/03 (Sat)

ミヨー 小交響曲 第1番 「春」 

今夜はダリウス・ミヨーの小交響曲第1番「春」を聞きました。作曲者自身の指揮、ルクセンブルグ放送オーケストラによる演奏です。

ブログの更新はひさしぶりですね(汗)。この年度初めにかけて身辺が慌しくなっていました。やっと一息つけたものの、新しい環境で勉強しなくてはならないことも多く、今夜は短めの曲です(´▽`)

ミヨーは小交響曲を6つ遺していますが、演奏時間が最も長い第6番でも7分程度、最も短い第1番は3分半となっています。第1番「春」は3楽章、急-緩-急の構成となっています。

ストラヴィンスキーの新古典主義的な趣もありますが、もっと洗練された軽さと純粋な明るさが感じ取れます。第2楽章のもの憂げさなど、如何にも近代フランス作曲家の作品と思えてしまいます(^-^)


春とはいってもまだ寒暖の差は大きく、寒い日も多いですねヽ(´ー`)ノ
本格的な春を待ち望むべく、これから数日間は幾つか「春」を聞いてみたいと思います。





Spring - Darius Milhaud Petite Symphony No 1
音質はイマイチですが、私が聞いたものと同一の演奏を動画サイトで聞くことができます。
最初は解説が入っており、演奏は0:40以降に始まります。
22:00  |  オーケストラ曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。