スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/31 (Sun)

リスト 「巡礼の年・第2年」より 「ダンテを読んで」 ベルマン 

今年はショパン・イアーですね。そこで、ショパンを聞くつもりが… リストになってしまいました(笑)。

一般的には「ダンテ・ソナタ」と呼ばれることが多いようですが、正確には
「巡礼の年」から「第2年・イタリア」より「ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲」
となります。長いですね(笑)。

このピアノ独奏による曲集の成立史などはネットで容易に見つけることができると思いますので詳細は割愛します。簡単に言ってしまうと、リストが不倫をしてその女性と諸国を逃げまくっていた時に書いた作品を主として後年にまとめたものです。(←音楽的要約というより週刊誌的要約ですね(爆)。)

余談となりますが、ふたりの間に生まれた子供の一人が不倫をして結ばれた相手こそ、リストの盟友リヒャルト・ワーグナーでした。リストはこの結婚に大反対だったそうですが、親子の血は争えないですね(爆)。(ますます週刊誌的…。)

さて、「ダンテを読んで」は「第2年・イタリア」の最後を飾る17分ほどの大曲ですが、その怪奇さとロマンティシズムは「清濁併せ呑む」と言いたくなるほどの威容を兼ね備えています。

曲そのものは圧倒的ですが、聞き手としては演奏そのものには余裕が欲しいところです。今夜聞いたラーザリ・ベルマンの演奏は、緩むことなく過剰にロマンティックになることなく明晰な演奏を聞かせてくれました。

なお、ベルマンはここで2回目の登場ですね。前回は「展覧会の絵」でした。
ムソルグスキー 「展覧会の絵」 オリジナル版





Liszt - Deuxieme Annee VII; Dante Sonata, Part 2
これはアルフレート・ブレンデルの演奏。中間から後半部分です。
一般的に知的な演奏をするというイメージのあるブレンデルですが、最後は「ブレンデルもこんな情熱的になることがあるんだぁ」と思わせるような演奏ぶりです。
スポンサーサイト
21:55  |  ピアノ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/31 (Sun)

リラックス(BlogPet) 

きのうパスピエが、リラックスするつもりだった。
それできょう、指揮したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「パスピエ」が書きました。
08:39  |  Passepied  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/29 (Fri)

ハイドン 弦楽四重奏曲 第19番~第24番 

前回の「モーツァルトの中に潜んでいたショスタコーヴィチ」のショック(?)を今もって引き摺っていますが(笑)、気を取り直してハイドンを聞くことにしました。

昨年末からハイドンの弦楽四重奏曲を番号順に聞いていますが、今夜は作品9です。連番にすると第19番から第24番の6曲。前回の作品3(第13番~第18番)は偽作と判明していますので、真作としては作品2以来の登場となります。

これまでの作品は、カルテットというよりセレナーデ的な趣が強かったと思います。弦楽四重奏という形態ではなく、小編成の弦楽合奏でも適しているような性格があったと思います。ところが、ここに至ってハイドンの弦楽四重奏というスタイル(方向性)が確立したのではないでしょうか。

なお、第22番はハイドンの数少ない短調による弦楽四重奏曲の最初の作品となります。




2つの演奏を聞いてみました。ブッフベルガー・カルテットの全集の第1巻(左側)となった典雅な演奏は魅力的です。ただし、何度も繰り返して聞くには、晴朗爽やかなエンジェルス・ストリング・カルテット(右側)を取るでしょうか。
なお、価格が大幅に異なるのは、左は作品9のみで右が全集のためです(笑)。


Haydn, String Quartet in d minor, Op. 9, No. 4 - I. Moderato
その第22番の第1楽章、コダーイ四重奏団による演奏です。
22:15  |  弦楽四重奏曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/25 (Mon)

モーツァルトのDSCH音型 (弦楽四重奏曲第19番 K.465) 

大発見です。私が発見したわけではありませんが(爆)。今夜はショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第1番かモーツァルトの第19番を聞こうと思いました。そして、動画サイトを巡っていたところ、「?」と思うコメントに出くわしました。

Mozart 'Dissonance' Quartet K.465 - 1st Movement

モーツァルトの第19番は「不協和音」という副題があるように、第1楽章の序奏に不気味な和声が用いられています。上記サイトのコメントの一つに、「DSCH音型が序奏にあるね」と記されていました。

え?と思い、あらためて聞いてみると、確かに!しかも、移調ではなくそのまま「レ・ミ♭・ド・シ」ですね!

String Quartet No.19, K.465 (Mozart, Wolfgang Amadeus)
これはスコアです。動画サイトの演奏では1:00と1:08、楽譜では16~17小節目と18~19小節目にDSCH音型があります。


ショスタコーヴィチが姓名の頭文字を取って自らを表したとされる「DSCH音型」、既にモーツァルトが用いていたことにはビックリしました。(当然ショスタコーヴィチは、この偶然に気づいていたでしょうね。)

Shostakovich - String Quartet No. 8 - 1st Mvt.
これは、ほとんどDSCH音型のみで構成される弦楽四重奏曲第8番の冒頭の演奏です。




今夜はウィーン室内合奏団が1971年に来日した際に川口市民会館で収録したスタジオ録音で全曲を聞きました。この3枚組のCD、とっても素敵な演奏が多いので、またいずれ聞いていこうと思います。
22:55  |  弦楽四重奏曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/24 (Sun)

モーツァルト ピアノ協奏曲第10番 ルプー&プレヴィン 

今夜はモーツァルトのピアノ協奏曲第10番です。

モーツァルトの作品をジャンルで考えた場合、オーケストラを伴う作品では協奏曲に名作(私の好きな作品)が多いように思います。数からいえば、ピアノ協奏曲が圧倒的に多いですね。

第10番は独奏ピアノが2台となりますが、その独奏の掛け合いは絶妙と思います。私は第16番以前の協奏曲を聞く頻度が低いのですが(汗)、この第10番は例外です。

今夜はラドゥ・ルプー、アンドレ・プレヴィンの独奏で聞きました。繊細にして打鍵にむらが無いピアノ、かっちりとしたロンドン交響楽団の演奏はとても素敵です(๑◠‿◠๑)



ジャケットを掲載したかったのですが、Amazonにはありませんでした(涙)。


Keith Jarrett & Chick Corea Plays MOZART(K.365:3.Allegro)
第3楽章です。私はジャズには疎いのですが、それでも名前を知っているくらいのキース・ジャレットとチック・コリアの協演です。
20:55  |  ピアノ  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/23 (Sat)

交響曲(BlogPet) 

きょうパスピエが遊歩道は開演したかった。
それで遊歩道とベートーヴェン交響曲全集へ病気したかもー。
それで遊歩道は遊歩道は遊歩道っぽい重奏したいです。

*このエントリは、ブログペットの「パスピエ」が書きました。
07:52  |  Passepied  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/19 (Tue)

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第6番 

今夜はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第6番です。

ベートーヴェンのカルテットは初期&中期作品(第1番~第11番)の場合、あまりリラックスして聞くことができません。こちらも真面目に対峙しないといけないようなオーラが漂っているからです(≧∇≦)

例外は第6番と第10番となっていますが、それも演奏次第ということもあるかもしれません。こちらの集中力を要求するのではなく、演奏者が懐を開いて聞き手をいざなうようなスタイルが私は好きです。

今夜聞いたクリーヴランド・カルテットの演奏は技術的なことはもちろんのこと、上記のような私の我がまま(笑)を十二分に充たしてくれました。





動画サイトでは3つの演奏を観ることができましたが、その中で最も好感を持てたのは上海カルテットの演奏でした。
Shanghai Quartet plays Beethoven Op.18 No.6 mvt 1
22:10  |  弦楽四重奏曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/14 (Thu)

マーラー 交響曲第7番 

先日スウィトナー追悼としてマーラーを聞きましたが、それに触発されたのか音楽鑑賞の原点に立ち戻ってみたくなりました。

ホルスト「惑星」とマーラー交響曲第1番にいたく感激していることを知った友人が、「じゃあ、次はこれがいいんじゃない」と聞かせてくれたのがマーラーの交響曲第7番でした。今考えると彼のセンスはいくぶん奇抜かもしれませんが、うぶな私はこれまた大感激(≧∇≦)

ところが、後年これが大きな問題を惹き起こすことになります…。

友人に聞かせてもらった演奏の影響が強すぎて、他の演奏に心から満足できなくなってしまったのです(汗)。ちなみに、その演奏はガリ・ベルティーニ指揮ベルリンフィルによるFM放送でした。

最初に聞いたものが刷り込みとなって、他の演奏になかなか親しめないことはよくあることだと思いますが、この曲の場合その度が強すぎました(´▽`)

あれだけ熱狂的に聞いていたマーラーから遠ざかった今でも、第7番だけは新譜が出るといくつか購入してしまうのは、このような背景があります。

昨年10月にバレンボイム盤を購入しておきながら放置していたのですが(汗)、これを昨晩聞いてみました。ビックリしました。まったく期待していなかったのですが(第5番では鉄壁アンサンブルを誇るシカゴ交響楽団を雑に鳴らすという離れ業をやってのけていたので…)、屈指の名演と思いました。

今夜あらためて聞きなおしたのですが、細部も雑ではなく、全体を鳥瞰し巨視的に捉えた名演ということを再認識しました。数箇所で、バレンボイムらしい(?)作為的なテンポ感と粘りはありますが。

商業録音としては、ハイティンクの数種、テンシュテットの2種、シャイーといった名演に肩を並べるというか、やっとこれで、この曲の愛聴盤を求める長い旅も終わりになりそうです。

それにしても、そのような演奏がまさかバレンボイムになるとは思いもよりませんでした…





Mahler 7 - 1st Mvmt (1/3) (MTT, SFS)
ティルソン・トーマス指揮サンフランシスコ交響楽団による演奏です。ティルソン・トーマスはロンドン交響楽団との録音も好演でしたので、これも期待大です。冒頭のテナーホルンは音を外していますけれども…。

Mahler - Symphony 7 - Claudio Abbado - Lucerne Festival 2001
こちらはアバド指揮による最終楽章冒頭です。ヴィルティオージティで聞かせるタイプでしょうか。


P.S.
最近エントリーが長文になってきてますね…。ブログ村では「1分で読めるクラシック音楽ブログ♪」と謳っているのに(汗)。
看板に偽りありとならないように、次回以降は留意します(≧∇≦)
22:30  |  オーケストラ曲  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/14 (Thu)

屈託も療養すればよかった(BlogPet) 

きょうパスピエは、屈託も療養すればよかった?
それで遊歩道は発音するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「パスピエ」が書きました。
11:15  |  Passepied  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/12 (Tue)

マーラー 交響曲第1番 オトマール・スウィトナー 

オトマール・スウィトナー氏の訃報が飛び込んできました。

訃報:オットマール・スイトナーさん87歳=独指揮者

数日前から机上にスウィトナーBOXが置いたままにしてありました。未聴であったある苦手作曲家の作品を聞くつもりでしたが… 虫の知らせだったのでしょうか…。

事実上引退して久しく、既に実演を聞くことは諦めかけていましたが、その願いも遂に叶うことはありませんでした。

スウィトナーならば、ベートーヴェンやシューマンの交響曲も素敵ですが、細部まで配慮が行き届いた「コシ・ファン・トゥッテ」、豪放きわまりない「タンホイザー」といった名演が私の愛聴盤となっています。同じベルリン国立歌劇場管弦楽団からこれほど異なるサウンド&スタイルを引き出していることは驚嘆です。

しかし、私にとって決して忘れてはならない録音がマーラーの交響曲第1番です。スタインバーグ&ボストン響による「惑星」とともに、クラシック音楽にのめり込むことになった曲であり演奏だからです。

今夜はこれを聞いて故人を偲ぶことにしました。






Nach der Musik
1981年ベルリン国立歌劇場来日公演から「運命」の第3楽章後半から最終楽章です。

100 Years At Bayreuth--Otmar Suitner
若き日のバイロイト祝祭劇場での記録。日本語字幕があり助かります。
スウィトナーというと温厚なイメージがありますが、歌手に対して厳しく注意していることに驚かされます。
23:10  |  オーケストラ曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/11 (Mon)

モーツァルト ピアノ協奏曲第17番 K.453 

モーツァルトの作品をジャンルで考えた場合、オーケストラを伴う作品ではピアノ協奏曲がとても好きです。その中で最も屈託の無い明るさに満ちた作品が第17番と思います。

今日は曇天で晴れやかな成人式には向かない天候でしたが、明朗快活な第17番を聞いて、成人になられた方々を祝福する気分に浸ることにしました(≧∇≦)

ところで、この第3楽章って、「魔笛」のパパゲーノのアリアに似ているように思えてなりません(笑)。


さて、どれも素晴らしい演奏でしたが感想を簡単に述べますと…

① バレンボイム&ベルリンフィル TELDEC
透明感のあるピアノは良いのですが、ベルリンフィルの弦が豪華絢爛すぎて…(汗)。

② バレンボイム&イギリス室内管 EMI
録音はさすがに古めかしくなりましたが名演と思います。

③ オコーナー、マッケラス&スコットランド室内管 TELARC
このコンビならではの弾むような明快さが魅力です。

④ ブレンデル、マリナー&アカデミー室内管 PHILIPS
高級なスタンダードですが、この曲では生真面目すぎ?

⑤ プレヴィン&ウィーンフィル PHILIPS
しなやか、そして愉悦に満ちて最高。


最も良いと思ったプレヴィンのジャケットを掲載したかったのですが、Amazonには廃盤でありませんでした。ですが、近年TOWER RECORDSのオリジナルで復刻されています。

Tower Records Universal Vintage

まるで悲しみが優雅に舞うような趣のピアノ協奏曲第24番などもカップリング、2枚組で1,500円はお得ですね(^-^)/

そして、次点は"この当時は良かったよね"(爆) が決まり文句であった(?)バレンボイムの旧録音です。




Mozart Piano Concerto 17, Dezsö Ránki, Piano - movement 3
動画サイトで見つけることができた演奏の中では、これが最も好きでしょうか。堂々としたスタイルなので、私好みの軽妙洒脱なタイプではありませんが…(汗)。5:25からのギャロップ風のコーダ導入(?)も真面目な感じですね。

余談となりますが、この動画、8:54からいきなり他の番組に変わります(爆)。「後宮からの誘拐」の解説なのですが、ずっと観ていたらナレーターが登場。アンドレ・プレヴィンでした(≧∇≦)
22:45  |  ピアノ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/10 (Sun)

シューマン ピアノ協奏曲 

今年最初のエントリーに「バレンボイム再考元年になるかもしれない」と記しました。先月からその兆候があり、偶然のタイミングで推薦もあってベートーヴェン交響曲全集を注文しました。(まだ入荷の連絡がありません…。)

かつて「ゴールドベルク変奏曲」を聞いた際、「絶対に買ってまで聞くものか!」と思ったバッハも、平均律を含め、グールド、グルダ、レオンハルト、ピノック、アスペレンといった素晴らしい大家の演奏よりも、ずっと身近に感じられるようになりました。現代の世相に対する慰めや癒しがあるのでしょうか??

相対的なアンチが隠れファンになろうとしています(≧∇≦)

ただ、アンチ時代(←既に過去?)でも、あまり「商業主義」という趣は感じませんでした。あまりに多忙であるゆえか、「一時期からきわめて雑になった」という印象が強かっただけです。

その商業主義とは完全に無縁のイメージがあるチェリビダッケは、このCDの解説書によると、その最後のミュンヘンフィル時代に毎年のようにバレンボイムをピアニストとして招聘していたそうです。

このような記録が復刻されているのは嬉しい限りですね。しかも、動画サイトを検索してビックリ。映像も遺されているとは知りませんでした。

Schumann Piano concerto (Barenboim, Celibidache) 4/4

演奏後にチェリビダッケがバレンボイムの頭を抱きかかえ、その後も惜しみない拍手を送っているのは、如何にこのマエストロがバレンボイムを評価していたかを物語るようでもあります。


21:55  |  ピアノ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/08 (Fri)

20世紀のバッハ 小澤征爾 

小澤征爾氏がしばらく病気療養に入るそうです。

小澤征爾さん、食道がん 半年間活動休止

そこで、今日は氏の闘病を陰ながら応援する意味で、お気に入りの録音の中から、バッハのオーケストラ編曲版を聞くことにしました。収録曲と編曲者は以下のとおりです。

① トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
レオポルド・ストコフスキー編曲
② 「音楽の捧げもの」から6声のリチェルカーレ BWV1079
アントン・ウェーベルン編曲
③ パルティータ第2番ニ短調から「シャコンヌ」BWV1004
斎藤秀雄編曲
④ カノンの技法による変奏曲「高き天より我は来たり」 BWV769
イゴール・ストラヴィンスキー編曲
⑤ プレリュードとフーガ変ホ長調 BWV552
アーノルト・シェーンベルク編曲

このディスクの中では、殊に④と⑤がお気に入りです。カノン変奏曲は原曲のオルガンによる真摯な趣も素晴らしいですが、合唱が入り編成が大きくなっているにもかかわらず、ひっそりとした佇まいとなっていることが素敵です。

この室内楽的な書法は、やはり新古典主義としてのストラヴィンスキーの面目躍如となるのでしょうか。なお、この原曲はルター作詞作曲によるクリスマス・コラールということですので、ここでの歌詞もそれに基づくのでしょう。

Vom Himmel hoch, da komm ich her

⑤と共通して言えることですが、小澤征爾氏の肩肘を張らない、スマートなフローが魅力と思えます。

余談となりますが、⑤(殊にプレリュード)を聞くとシェーンベルクがプッチーニからオーケストレイションの影響を受けたということが分かるような気がします。


小澤征爾氏の全快が一日も早いことを心より祈ります。



ジャケットは異なりますが、私の聞いたCDと同じです。


動画サイトにこれらが見あたらなかったので、同じくJ.S. バッハの「G線上のアリア」の合奏版を選びました。
1989年、カラヤンのメモリアル・コンサートでの演奏のようです。
Bach - Aria dalla Suite in re maggiore BWV1068 - Seiji Ozawa
21:25  |  オーケストラ曲  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/07 (Thu)

プログラム(BlogPet) 

パスピエはエントリはプログラムするつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「パスピエ」が書きました。
11:23  |  Passepied  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/06 (Wed)

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 

今年の初エントリーはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲です。

「今年一年がゆったり、明るく力強いものとなりますように」という身勝手な願いをこれほど適えてくれる作品もないでしょう(笑)。弦楽四重奏曲第6番、第10番とだいぶ迷ったのですが…。

とても好きな演奏でありながら最近聞いていない録音が2つあり、どちらを聞くか迷いました。今日は少し時間に余裕があったので、両方聞いてしまいました(≧∇≦)

まずは堂々とした貫禄に満ちたアイザック・スターンの演奏。そして、しなやかで明朗な歌に溢れたピンカス・ズッカーマンです。どちらも大変満足しました(๑◠‿◠๑)

ところで、これらには共通点があります。指揮がダニエル・バレンボイム。包容力のある温かさが魅力ですが、それはズッカーマンとの演奏により顕著でした。

これまで「あまり好きじゃない。どちらかと言えば嫌いなものが多い…」と憚ることなかったバレンボイムですが、今年は私にとってその再考元年となるような気もしています?!
ちょうどベートーヴェンの交響曲も注文していますし(笑)。


末筆ではありますが、本年も"a one-minute coffee break"を宜しくお願いいたします(^-^)/







Beethoven Violin Concerto, Movement #3
動画サイトにも名演数多ですが、パールマンの屈託のない美音も魅力的です。これまた指揮はバレンボイムですね(笑)。
22:45  |  ヴァイオリン  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
投資信託
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。